会社関係・素行調査

社内・会社関係 素行調査

素行調査と申しますと一般的には、浮気調査等が思い浮かびますが近年は、企業・個人事業主の方々からの従業員や出入業者の素行調査のご依頼が増加しております。 従業員や役員などからの顧客情報の流失や機密情報の漏洩を未然に防ぐ為や同業他社の動向を把握する為に調査を御利用頂いております。

社内・会社関係 素行調査

横領・背任などに関する問題は、プロ調査がベストな選択

「経費の水増し」から、会社資産の不正操作による「横領」など様々なケースがありますが、 役職・社内の立場、また巧妙な手口などで隠蔽されている悪質な場合は、慢性的に行われているケースが想像出来ます。
また機密情報など特定の企業、個人に売る所謂「産業スパイ」的な不正も、比較的露出しにくいものです。 特に背後との繋がり次第では、継続的な機密情報漏洩も考えられます。 いづれも場合も発覚後では、甚大な損失が見込まれます。

横領・背任などに関する問題は、プロ調査がベストな選択

企業情報の漏えいなどモラルが欠落している社員の軽率な行為

企業内において、社則が守られるのは当然のこと。 しかし最終的な意思決定は、社員のモラルに委ねられてしまうのは事実です。 昨今「顧客リストの流出」や「機密情報の漏洩」の報道から想像出来るように、 違法にまで及ぶ不正行為をする従業員も、企業の大きさに限らず存在する可能性はあります。 特に一般常識が欠落している人物が、興味本位から行うケースも増加しているようです。 この様な人為的要因による問題が起こる前に、またはその兆候に気づいた段階で早期にその原因を分析、改善策を検討実施することが大変重要となります。 これ以外にも「社内不倫・セクハラ・社内備品等の持ち出し、横流し」なども事例としてございます。
これを阻止するには「管理者の側から能動的に社員の安全性の検証を行う」事が必要不可欠なのです。

企業情報の漏えいなどモラルが欠落している社員の軽率な行為

会社関係の素行調査の必要性。

企業の価値はどれだけ優秀な人材がいるかにより評価されるのではないでしょうか。 決して、経営者だけの力では業績を維持する事は難しいでしょう。しかし、これまで社員が一丸となり地と汗で築き上げていた事業を、一部の不真面目な社員によって崩壊の危機にたたされてはたまりません。現在の経済情勢では少しのミスから、倒産の危機に直面する事もありえます。 それを予見できるのであれば事前に防ぐ、最悪でも不祥事に直ぐに対応する。 素行調査は、そのような場合の即時対応として求められる手段のひとつです。 弊社では会社関係者の行動や素行の事実を、勤務中、外問わず監視や追跡。徹底した調査をお約束します。

会社関係の素行調査の必要性。
  • free dial0120-280-050
  • 海外通話 +8148-284-3101
Contactメールでのお問い合わせ

snsSNS無料相談ID: tanteisoudan

メニュー

close

トップ

close