探偵業・業務の適正化

探偵業・業務の適正化 探偵業法とは

平成18年5月19日に探偵業者を届出制とする探偵業の業務の適正化に関する法律案が動議として衆議院の内閣委員会に提出され平成19年6月1日から探偵業法が施行されました。 この法律は、探偵業について必要な規制を定めることにより、その業務の運営の適正を図り、個人の権利利益の保護を目的としたものです。探偵業を届出制にすることにより、悪質業者による探偵業の実施を禁止し、法的処罰を与えるように明確化されています。 仕事として実際に存在する探偵業が社会的に認知され、国や社会に一定の理解が得られたことと思います。また、届出制になるのですから実態の把握も容易になり、業界の健全化が進むことになると思います。

探偵業・業務の適正化 探偵業法とは

探偵業法のポイント

1.探偵業が届出制になること
2.欠格事由があること
3.法令遵守、違法行為の禁止
4.守秘義務の明確化
5.探偵業務契約の適正化、重要事項の説明責任
6.探偵業者の社員従業員教育や監督の規定
7.罰則規定

※探偵業法の届出を行なっていない者(業者)が尾行・張り込み・撮影等の調査に関する探偵行為を行なうことは法律上禁止されております。
(報道の用に供する目的等の場合を除く)

探偵業法のポイント
  • free dial0120-280-050
  • 海外通話 +8148-284-3101
Contactメールでのお問い合わせ

snsSNS無料相談ID: tanteisoudan

メニュー

close

トップ

close